寺などに対して読経料などのお礼をした費用

親族などが亡くなった場合、被相続人であるその人物が遺した財産は死亡した瞬間より相続人が受け継ぐことになります。相続によって受け継ぐのは被相続人が遺した権利や財産の一切であり、これには当然のことながら借金などのマイナスの財産も含まれています。
相続人が被相続人の財産や権利を受け継いだ場合、その財産には相続税が掛けられることになります。しかし、マイナス分の財産に関しては相続税を掛けるわけにはいかないので、税額を算出する際にプラスの財産からマイナスの財産を際し引くことによって正味の財産額が決定されることになります。

 

gf1420277868l
相続によって受け継いだ財産からは借金などのマイナスの財産を差し引くことができますが、これは被相続人が死亡した時点ですでに債務として確定していたものしか認められません。厳密には被相続人が死亡した後に掛かる葬儀費用に関してはこの条件には該当しないのですが、人が死亡した時には一般的にその供養のために葬儀が行われるので、葬儀費用に関しては被相続人の債務と見做されます。そのため、相続によって受け継いだ財産から葬儀費用を差し引くことが認められているのです。
葬儀費用として認められているのは、葬儀料や火葬料、お布施、戒名料などです。ただし戒名に関しては高額な院号などもあるので、あまりにも一般的な感覚から外れていると思われる戒名料を支払った場合には相続税の対象となってしまうこともあるので注意が必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。