香典返し

gf1420277868l

 

香典返しとは、香典を頂いた方に、遺族として感謝の気持ちを表す為にお返しをするものです。
お返しをする時期は、四十九日法要後にお返しをするのが普通でしたが、香典を頂かない葬儀や、当日に金額に係らず一律の品物をお返しをし、一定金額以上を頂いた方に四十九日後にお返しをする即日返しが増えています。
それぞれにメリット・デメリットがあります。
香典を頂かない場合のメリットは、家計の負担は無くなりますが、故人への感謝の気持ちを現すことが出来ないことがデメリットです。
即日場合のメリットは、香典帳の整理が簡単なことですが、商品を選択できない・通夜、葬儀参列者に重複してお返しをする為に余分な出費となります。
四十九日後のお返しの方法につきましては、長年の習慣であるだけにこの方法がまだ一般的です。メリットは相手から頂いた香典の金額により、お返しをする商品を選択出来ること・即日お返しの様に通夜・葬儀の重複お返しは無くなります。
デメリットとしては、香典帳の整理が大変です。
香典は相互扶助的な意味もありますが、同時に感謝の気持ちを現すもので、49日法要後や満中陰の忌明けに挨拶状を添付してお返しをするのが通例です。
最近は社会福祉施設に寄付する例が見られます。
品物は、砂糖とか・お茶とかの品物が多いようですが、それぞれにいわれがありますが、選択できるカタログギフトでお返しをするケースが増えています。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。