葬式・葬送などを行う時やそれ以前に火葬・埋葬・納骨を行うために要した費用

一言に葬儀費用と言っても本当に様々な範囲に及んでいて、どれが相続税の控除対象かそうでないかは一般の人にはややこしくてなかなか一目では理解できません。
遺産総額から差し引ける葬儀費用即ち控除対象になる物はまず死体の捜索や死体や遺骨の搬送に掛かった費用と、葬式を行う時やそれ以前に火葬や埋葬、納骨を行う為にかかった費用です。仮葬式や本葬式を行った際は、両方にかかった費用が控除対象になります。あとはお通夜等の葬式の前後にかかる費用で通常の葬儀に欠かせない費用や、葬式の際に読経を依頼した場合はその費用等です。

 

gf1420277868l
逆に香典返しの為にかかった費用や墓地や墓石を買い入れ又は買い入れる為に借りた費用、初七日や法事にかかった費用は控除対象になりませんので遺産総額から引く事は出来ません。
葬式や葬送等を行う時や火葬や埋葬、納骨の為にかかった費用は、本葬式を含めこの範囲にあてはまる費用は全て遺産総額から引くこと可能ですので、相続税の計算や申告の多くは本葬式や告別式が終わり費用が確定してから該当する費用を計算し、控除してから課税評価額を算出し課税額を算出し税務署に申告、納付が行われる事が多くの場合は一般的になっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。