通常葬式などにかかせない費用

gf1420277868l

 

 

故人が残した遺産の総額が多く相続税を支払わなければいけないという場合、故人の葬儀で負担した費用の一部を遺産総額から差し引くことのできるため相続税の総額を減少させることが可能です。
葬儀社に通夜から本葬まで全てを任せてしまうという場合、相続税対策用の書類の製作なども葬儀社にお願いすることが可能です、しかし葬儀社によっては書類の製作を拒否したり葬儀関係の会社を利用せず家庭で通夜や葬式を行うという場合は自身で相続財産から控除できる費用の計算を行わなければなりません。
遺産総額から差し引けるのは死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった費用に始まり遺体や遺骨の回送にかかった費用、火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用などが挙げられます。

 
またあまり知られていませんが、通夜などでお経を詠んでもらったお坊さんに対しての読経料や足代といったお礼も控除できる費用として申請を行うことが可能となっています。
お寺やお坊さんへのお礼は領収書などが無い場合が大半なのでいくら支払ったか忘れがちなので、相続税を少しで減らしたいならいくら支払ったのかを記録しておき相続税申請書にしっかりと記載するということを忘れないようにすべきだと言えるのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。