初七日や法事

gf1420277868l

 

 

初七日とは仏教の追善の法事のひとつで、亡くなってから七日目に行われます。これは、故人が三途の川のほとりに到着する日とされていて、渡る川が激流か急流か緩流かのいずれかが裁きで決まる日で、緩流を渡れるように法事を行います。東日本では亡くなった日から数えて7日目、西日本では故人が亡くなった日の前日から数えて7日目に行うのが一般的です。しかし、葬儀や火葬が終わってから近親者が再び集まることは難しいので、現代では葬儀当日の骨上げの後に行われることが多くなってきました。そのため、骨上げ後に遺骨が自宅に戻ったら、僧侶に還骨勤行の読経をしてもらい、そのまま法事を行うことになります。
その次に続くものとしては、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日、四十九日というように、死後七日ごとに四十九日まで忌日法要というものがあります。四十九日で「忌明け」となり、香典返しは忌明けの後に贈られることが一般的です。最近では忌日法要は簡素化されていて、これらを全て行うことは稀です。
四十九日の次に行われるのは、一周忌で、故人が亡くなられて一年後の月命日に行われるものです。供養の儀式や会食などが行われ、一周忌が終わると喪明けとなります。
年忌法要には、その他にも三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と続きます。三十三回忌あるいは五十回忌で終わり、それを「弔い上げ」といいます。

コメント

コメントを受け付けておりません。