遺産総額から差し引くことのできない葬式費用

 

gf1420277868l

 

親族が亡くなって相続財産があるとき、相続税の計算を行うに当たり、税額計算の際に遺産の総額から差し引くことのできるものの中に葬式費用があります。相続税を計算するときには、被相続人の葬式にかかった費用を遺産総額から差し引くことができるというものです。遺産額から差し引くことのできる葬式費用として認められているのは、死体の捜索や遺体、遺骨などの回収や運搬にかかった費用、葬儀に際してかかった費用や、火葬、納骨などの費用、葬式などの前後に生じた出費で、通常の葬式を行う際に欠かせないお通夜などにかかった費用、葬式にあたってお寺などに読経料やお布施、戒名料などとして支払った費用などが相続財産から差し引くことが可能なものです。ただし、香典返しのためにかかった費用や墓石、墓地などの購入のためにかかった費用、墓地を借りるためにかかった費用、初七日や法事などのためにかかった費用などは遺産額から差し引くことのできる葬式費用とは認められません。そして葬式費用を差し引くことのできる人というのは、葬式費用を負担することになる相続人などで、海外に居住している相続人などの場合には財産から債務控除できるものが限られるケースもあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。