初七日や法事

gf1420277868l

 

 

初七日とは仏教の追善の法事のひとつで、亡くなってから七日目に行われます。これは、故人が三途の川のほとりに到着する日とされていて、渡る川が激流か急流か緩流かのいずれかが裁きで決まる日で、緩流を渡れるように法事を行います。東日本では亡くなった日から数えて7日目、西日本では故人が亡くなった日の前日から数えて7日目に行うのが一般的です。しかし、葬儀や火葬が終わってから近親者が再び集まることは難しいので、現代では葬儀当日の骨上げの後に行われることが多くなってきました。そのため、骨上げ後に遺骨が自宅に戻ったら、僧侶に還骨勤行の読経をしてもらい、そのまま法事を行うことになります。
その次に続くものとしては、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日、四十九日というように、死後七日ごとに四十九日まで忌日法要というものがあります。四十九日で「忌明け」となり、香典返しは忌明けの後に贈られることが一般的です。最近では忌日法要は簡素化されていて、これらを全て行うことは稀です。
四十九日の次に行われるのは、一周忌で、故人が亡くなられて一年後の月命日に行われるものです。供養の儀式や会食などが行われ、一周忌が終わると喪明けとなります。
年忌法要には、その他にも三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と続きます。三十三回忌あるいは五十回忌で終わり、それを「弔い上げ」といいます。

墓石や墓地の買入れや墓地を借りるために要した費用

相続税の額については被相続人が遺した相続財産の総額をもとに計算が行われるのが原則となっています。
しかし一部の葬式費用については控除の対象とされ、遺体の火葬や埋葬にかかった費用や、遺体の捜索・回収にかかった費用、通夜の費用、寺などに支払うお布施などについては、その額を遺産総額から差し引いて相続税の計算を行うことが認められています。
一方で、葬式費用として認められないものもあり、それらについては相続税の控除の対象とはなりません。

 

 

gf1420277868l
葬式費用として認められないものの一つに、墓石や墓地の買入れや墓地を借りるために要した費用挙げられます。
墓を購入する場合、石材店に支払う代金をはじめ、墓地や霊園に納める永代供養料や使用料などさまざまな費用がかかり、合計するとかなりの高額になる傾向にあるため、それを控除の対象として認めてしまうと相続税の制度の理念に反することになることから、これらについては控除の対象とは認められないことになっています。
また、その他の葬式費用として認められないものとしては、香典返しにかかった費用や、初七日などの法要を行うのにかかった費用などが挙げられます。
なお、相続税の申告書を行う際には支払った葬式費用の詳細について記載する必要があるため、領収書等を保管しておく必要があります。

香典返し

gf1420277868l

 

香典返しとは、香典を頂いた方に、遺族として感謝の気持ちを表す為にお返しをするものです。
お返しをする時期は、四十九日法要後にお返しをするのが普通でしたが、香典を頂かない葬儀や、当日に金額に係らず一律の品物をお返しをし、一定金額以上を頂いた方に四十九日後にお返しをする即日返しが増えています。
それぞれにメリット・デメリットがあります。
香典を頂かない場合のメリットは、家計の負担は無くなりますが、故人への感謝の気持ちを現すことが出来ないことがデメリットです。
即日場合のメリットは、香典帳の整理が簡単なことですが、商品を選択できない・通夜、葬儀参列者に重複してお返しをする為に余分な出費となります。
四十九日後のお返しの方法につきましては、長年の習慣であるだけにこの方法がまだ一般的です。メリットは相手から頂いた香典の金額により、お返しをする商品を選択出来ること・即日お返しの様に通夜・葬儀の重複お返しは無くなります。
デメリットとしては、香典帳の整理が大変です。
香典は相互扶助的な意味もありますが、同時に感謝の気持ちを現すもので、49日法要後や満中陰の忌明けに挨拶状を添付してお返しをするのが通例です。
最近は社会福祉施設に寄付する例が見られます。
品物は、砂糖とか・お茶とかの品物が多いようですが、それぞれにいわれがありますが、選択できるカタログギフトでお返しをするケースが増えています。

 

遺産総額から差し引くことのできない葬式費用

 

gf1420277868l

 

親族が亡くなって相続財産があるとき、相続税の計算を行うに当たり、税額計算の際に遺産の総額から差し引くことのできるものの中に葬式費用があります。相続税を計算するときには、被相続人の葬式にかかった費用を遺産総額から差し引くことができるというものです。遺産額から差し引くことのできる葬式費用として認められているのは、死体の捜索や遺体、遺骨などの回収や運搬にかかった費用、葬儀に際してかかった費用や、火葬、納骨などの費用、葬式などの前後に生じた出費で、通常の葬式を行う際に欠かせないお通夜などにかかった費用、葬式にあたってお寺などに読経料やお布施、戒名料などとして支払った費用などが相続財産から差し引くことが可能なものです。ただし、香典返しのためにかかった費用や墓石、墓地などの購入のためにかかった費用、墓地を借りるためにかかった費用、初七日や法事などのためにかかった費用などは遺産額から差し引くことのできる葬式費用とは認められません。そして葬式費用を差し引くことのできる人というのは、葬式費用を負担することになる相続人などで、海外に居住している相続人などの場合には財産から債務控除できるものが限られるケースもあります。

寺などに対して読経料などのお礼をした費用

親族などが亡くなった場合、被相続人であるその人物が遺した財産は死亡した瞬間より相続人が受け継ぐことになります。相続によって受け継ぐのは被相続人が遺した権利や財産の一切であり、これには当然のことながら借金などのマイナスの財産も含まれています。
相続人が被相続人の財産や権利を受け継いだ場合、その財産には相続税が掛けられることになります。しかし、マイナス分の財産に関しては相続税を掛けるわけにはいかないので、税額を算出する際にプラスの財産からマイナスの財産を際し引くことによって正味の財産額が決定されることになります。

 

gf1420277868l
相続によって受け継いだ財産からは借金などのマイナスの財産を差し引くことができますが、これは被相続人が死亡した時点ですでに債務として確定していたものしか認められません。厳密には被相続人が死亡した後に掛かる葬儀費用に関してはこの条件には該当しないのですが、人が死亡した時には一般的にその供養のために葬儀が行われるので、葬儀費用に関しては被相続人の債務と見做されます。そのため、相続によって受け継いだ財産から葬儀費用を差し引くことが認められているのです。
葬儀費用として認められているのは、葬儀料や火葬料、お布施、戒名料などです。ただし戒名に関しては高額な院号などもあるので、あまりにも一般的な感覚から外れていると思われる戒名料を支払った場合には相続税の対象となってしまうこともあるので注意が必要です。

通常葬式などにかかせない費用

gf1420277868l

 

 

故人が残した遺産の総額が多く相続税を支払わなければいけないという場合、故人の葬儀で負担した費用の一部を遺産総額から差し引くことのできるため相続税の総額を減少させることが可能です。
葬儀社に通夜から本葬まで全てを任せてしまうという場合、相続税対策用の書類の製作なども葬儀社にお願いすることが可能です、しかし葬儀社によっては書類の製作を拒否したり葬儀関係の会社を利用せず家庭で通夜や葬式を行うという場合は自身で相続財産から控除できる費用の計算を行わなければなりません。
遺産総額から差し引けるのは死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった費用に始まり遺体や遺骨の回送にかかった費用、火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用などが挙げられます。

 
またあまり知られていませんが、通夜などでお経を詠んでもらったお坊さんに対しての読経料や足代といったお礼も控除できる費用として申請を行うことが可能となっています。
お寺やお坊さんへのお礼は領収書などが無い場合が大半なのでいくら支払ったか忘れがちなので、相続税を少しで減らしたいならいくら支払ったのかを記録しておき相続税申請書にしっかりと記載するということを忘れないようにすべきだと言えるのです。

葬式・葬送などを行う時やそれ以前に火葬・埋葬・納骨を行うために要した費用

一言に葬儀費用と言っても本当に様々な範囲に及んでいて、どれが相続税の控除対象かそうでないかは一般の人にはややこしくてなかなか一目では理解できません。
遺産総額から差し引ける葬儀費用即ち控除対象になる物はまず死体の捜索や死体や遺骨の搬送に掛かった費用と、葬式を行う時やそれ以前に火葬や埋葬、納骨を行う為にかかった費用です。仮葬式や本葬式を行った際は、両方にかかった費用が控除対象になります。あとはお通夜等の葬式の前後にかかる費用で通常の葬儀に欠かせない費用や、葬式の際に読経を依頼した場合はその費用等です。

 

gf1420277868l
逆に香典返しの為にかかった費用や墓地や墓石を買い入れ又は買い入れる為に借りた費用、初七日や法事にかかった費用は控除対象になりませんので遺産総額から引く事は出来ません。
葬式や葬送等を行う時や火葬や埋葬、納骨の為にかかった費用は、本葬式を含めこの範囲にあてはまる費用は全て遺産総額から引くこと可能ですので、相続税の計算や申告の多くは本葬式や告別式が終わり費用が確定してから該当する費用を計算し、控除してから課税評価額を算出し課税額を算出し税務署に申告、納付が行われる事が多くの場合は一般的になっています。

死体の捜索または死体や遺骨の運搬に要した費用

gf1420277868l

 

亡くなった人の財産を相続人が受け継ぐことを相続といい、被相続人が死亡することにより、相続が開始されます。
しかし、遺産相続の手続きは、とても複雑で個人ではなかなか難しいものがあります。
ですから、専門家に依頼するのが一番良い方法です。

ところが、葬儀費用というのは、曖昧なものが多く、領収書などを取りにくい場合がおおく発生します。
例えば、お布施やお経代などは金額が多い割にはお坊さんに直接領収書を下さいとは頼みにくいものです。

又、故人が失踪していた場合、遺体の捜すためにかかった費用又は運搬に要した費用などの場合、葬儀費用として認められるものか、はっきりしないと相続税の対象になってしまいます。
このような場合、現地の人にもお世話になることがありますので、その際にかかった費用などこれも曖昧になったりします。

法律では、葬儀費用は債務控除として遺産総額から差し引くことができるとされます。
では、どこまでが費用として認められるのでしょう。

①葬式や葬送、、埋葬、火葬、納骨のための費用②遺体の回送に要した費用③お通夜など通常葬式などに欠かせない費用④死体の捜索又は死体若しくは遺骨の運搬に要した費用⑤葬式の読経料などの費用が葬儀費用として認められます。

しかし、墓地の借入れ費用や、葬式日以外の初七日などに要した費用及び香典返しなどの費用は認められません。
相続手続きをスムーズに進めるためには、領収書などはとっておくべでしょうが、それが出来ない場合、支出明細を明らかにしている出納帳などをしっかり残しておきましょう。

遺産総額から差し引くことのできる葬式費用

人が亡くなり財産を相続することを遺産相続と言います。遺産相続して、相続税を計算するときには、さまざまな控除がありるので、基礎控除や配偶者控除などを計算して課税分を算出する必要があります。その他に、被相続人(亡くなられた方)が生前にしていた借入金や葬式費用も遺産総額から差し引くことが可能です。差し引くことができる葬式費用の内容は、遺体や遺骨の運搬費用、遺体や遺骨の回送費用、お通夜、葬儀、埋葬などにかかった費用、読経料などの費用です。

gf1420277868l

 

また、事故などにより遺体の捜索などが行われた場合には、その費用も含まれます。それに対し、差し引くことが認められないものとして、香典返しの費用、墓所や墓石の購入費用、初七日やそれ以降の法事の費用があります。基本的に、負担した人(喪主など)の相続分から差し引いて計算されます。葬式費用で相続人同士でもめるケースとして、被相続人の預金などから支払をした場合、それを他の相続人が不服に思う場合や、喪主一人の負担が大きい場合などがあります。このようなトラブルを避ける方法としては、事前に相続人に葬式費用の見積りを伝えておくこと、香典などで葬式費用を補った後の赤字分の負担をどうするか決めておくことなどがあります。